腸閉塞の症状や治療法などの情報まとめサイト
腸閉塞(イレウス)の原因、症状、そして予防策を調べています。正しい知識を持ち、病気と向き合っていきましょう。
腸閉塞予防におすすめの乳酸菌サプリ
腸閉塞の基礎知識症状や原因、種類による細かな違いなどについて
治療方法と予防方法どんな治療法があるのか?普段の生活でできる予防法とは
闘病体験談実際に腸閉塞を体験した人による体験談を男女に分けて紹介
腸閉塞(イレウス)の予防を考えるサイト・HOME » 腸閉塞の治療と予防 » 病院での診断

病院での診断

このページでは、病院で行われる腸閉塞(イレウス)の診断法を紹介します。

腸閉塞(イレウス)の診断方法

腸閉塞は、発症すると激しい腹痛、吐き気、嘔吐、膨満感などが起こります。症状が悪化すると、ショック状態に陥ることもあるため、適切な診察と治療を受ける必要があります。

まずは病院で検査することになると思いますが、どのような診断が行われるのか、調べてみました。

問診、触診など

腸閉塞は、開腹手術の経験がある方に起こりやすい病気。ですから「過去に開腹手術を受けたことがあるか」、確認されると思います。

若い頃に受けた開腹手術が原因となり、高齢になってから腸閉塞が起こることもあるので、幼い頃に受けた手術についても覚えておくことが大切です。他にも、以下のような診断が行われます。

  • 指診…お腹がどれくらい膨らんでいるかを観察する
  • 打診…お腹を叩くことでガスの蓄積状況を確認する
  • 聴診…お腹に聴診器をあてて腸の働きを確かめる
  • 触診…お腹の痛みや、筋肉の張りを調べる

腸閉塞が発症している場合、腸の音が聞こえにくくなるため、聴診による検査は重視される様子。音が聞こえない=腸の動きがストップしていることになり、腸閉塞と診断されます。また血液検査を行い、炎症反応の有無や脱水、電解質異常の程度なども調べられます。

画像検査

腸閉塞の場合、画像診断により発症部位を特定します。腸閉塞の多くの場合、エックス線写真に「鏡面像」というものが現れます。

鏡面像とは影のことで、腸の下側に水分、上側にガスがたまっている場合に現れます。また鏡面像から、閉塞部位や重症度の推察もできるため、「エックス線検査」は腸閉塞診断に非常に有効です。さらに以下のような診断も用いられます。

  • 超音波検査…腸の内容物の動きや腸壁の浮腫み、腹水の有無などを調べる「
  • 造影CT検査…血流障害の有無を調べる
  • 内視鏡検査…大腸がんの有無を調べる

腸閉塞には、腸の運動機能の衰えからくるもの、腫瘍などに腸が圧迫されて通過障害を招いているもの、腸のねじれによるもの、腸の癒着を招いているものなど、さまざまな症状があります。

しっかりと検査を行った上で病状を判断し、適切な治療を行うことが大切なのです。