腸閉塞の症状や治療法などの情報まとめサイト
腸閉塞(イレウス)の原因、症状、そして予防策を調べています。正しい知識を持ち、病気と向き合っていきましょう。
腸閉塞予防におすすめの乳酸菌サプリ
腸閉塞の基礎知識症状や原因、種類による細かな違いなどについて
治療方法と予防方法どんな治療法があるのか?普段の生活でできる予防法とは
闘病体験談実際に腸閉塞を体験した人による体験談を男女に分けて紹介
腸閉塞(イレウス)の予防を考えるサイト・HOME » 腸閉塞の闘病体験談をチェック » 女性編

女性編

このページでは、女性の腸閉塞体験談を掲載しています。

腸閉塞体験談【女性編】

腸閉塞を患った女性の方の体験談をご紹介しています。発症時の様子や、診断方法、治療の流れなど、実際の体験談をまとめています。

子宮筋腫の手術後、腸閉塞に…

困る女性イメージ子宮筋腫の開腹手術を受けた後、腸閉塞になりました。

突然、激しい痛みがあらわれ、その後は嘔吐を繰り返してとても辛かったです。手術後の癒着による痛みが原因かと思い、手術を受けた病院へ行きましたが、子宮喪失症による不定愁訴が原因と診断されました。

その足で、内科を受診したところ、触診とレントゲンですぐに腸閉塞と判明。開腹手術をすると腸の癒着が起こりやすくなるはずなのに、なぜ間違った判断をされたのか、今でも不思議です。

鼻からチューブを通して処置をした後、水分補給と栄養補給の点滴に加え、1日1パックの抗生剤の点滴をしていました。絶食状態なので体重はみるみると落ち、退院した後は少し歩いたくらいでフラフラでした。お腹の違和感は4、5日で無くなりましたが、あの痛みは忘れられません。

激しい痛み…再発がとても怖いです

困惑する女性の図初めて腸閉塞を起こしたのは5年前。夕食を食べている時に突然、下腹部に今までに経験したことのない激痛が走りました。

横になり少し休んでからトイレに行くと出血していたので生理の痛みだったのかと安心しましたが、翌日も痛みが続き、ついには激しく嘔吐しました。この日は市販の痛み止めを飲んでなんとかしのぎましたが、さすがにおかしいと思い、翌朝病院を受診したところ腸閉塞と診断。すぐに鼻から胃管チューブを挿入されました。

この時の痛さと苦しさ、恐怖は本当に忘れられません。それからは6回も繰り返しています。腸閉塞を発症するのは決まって体が弱っている時で、お腹がこわばって硬くなっていくのです。加齢により腸の機能が低下しているのでしょうか。それに、入院をする度にストレスがかなり溜まっていたと気付かされますし、精神的な面の影響もかなり大きいのだと思います。

腸閉塞リピーターの私ですが、また腸閉塞を再発したらどうしようと、不安でたまらず寝付けないことも。少しでも下腹部に違和感を感じたら横になるなど、休むようにしています。

妊娠中の再発が不安です…

妊娠8月の妊婦です。卵巣嚢腫の手術後の癒着により、妊娠する前に4回腸閉塞を繰り返し、妊娠を躊躇していました。妊娠中に再発したらと心配ですが、幸い妊娠してからは発症していません。

医師から「妊娠中は腸閉塞になると、ひどくなりやすいから気を付けて」と散々言われ続けてきたので、お腹にガスが溜まるなどの違和感がある時は絶食し、消化に負担をかけるような海藻類やきのこ類、腸に詰まりやすいもやしなどは、絶対に食べないようにしています。

特に妊娠20週あたりからは注意が必要とのこと。出産まで2ヶ月あまりですが、食生活には特に気をつけていきたいと思います。

女性特有の病気治療のために、手術を行なった後、腸閉塞を発症するケースは数多いようです。違和感や痛みのある場合はすぐ腸閉塞を意識し、速やかな対処を行ってください。