腸閉塞の症状や治療法などの情報まとめサイト
腸閉塞(イレウス)の原因、症状、そして予防策を調べています。正しい知識を持ち、病気と向き合っていきましょう。
腸閉塞予防におすすめの乳酸菌サプリ
腸閉塞の基礎知識症状や原因、種類による細かな違いなどについて
治療方法と予防方法どんな治療法があるのか?普段の生活でできる予防法とは
闘病体験談実際に腸閉塞を体験した人による体験談を男女に分けて紹介
腸閉塞(イレウス)の予防を考えるサイト・HOME » 腸閉塞とは?徹底リサーチ » その症状

その症状

腸閉塞の症状をリサーチしているページです。

腸閉塞(イレウス)の症状とは?

腸閉塞(別名・イレウス)とは、何らかの原因により腸がつまることにより、食べ物や消化液の通過障害が起こる疾患です。それに伴い、腹痛、悪心、嘔吐、排ガス排便の停止などの症状が起こります。

腸閉塞になると、腸がふくらみ、腸粘膜が腫れて炎症が起こります。症状がひどくなると命にも関わる可能性もあるため、早期に適切な処置が必要となる恐い病気です。

  • 腸閉塞の主な症状…急なお腹の張り、激しい腹痛、吐き気、嘔吐など

上記が腸閉塞の代表的な症状で、腸が詰まった瞬間、突然あらわれるのが特徴です(それ以前にお腹が張ったり、腸がゴロゴロ鳴るなどの症状が見られます)。

刺すような激しい腹痛の後、しばらくすると症状が和らぎますが、同時に嘔吐の症状があらわれます。症状が進むと、小腸や腸内の内容物が逆流して便臭を伴うことも…。

吐しゃ物が黄色ときは、小腸の上部が詰まっており、吐糞症の場合は、腸の下部が詰まっていると分析されます。

また腸内に大量の水分が溜まるため、身体全体は脱水症状になり、発熱、冷や汗、頻脈、意識混濁、血圧低下、血液濃縮といったショック状態が現れる場合もあります。このショック状態になった場合は一刻も早く手術をしなければなりません。

病院での処置で糞便性腸閉塞が解消されると、今度は多量の不消化物が大腸へ流れ込むことになるので、下痢の症状を呈すことになります。