腸閉塞の症状や治療法などの情報まとめサイト
腸閉塞(イレウス)の原因、症状、そして予防策を調べています。正しい知識を持ち、病気と向き合っていきましょう。
腸閉塞予防におすすめの乳酸菌サプリ
腸閉塞の基礎知識症状や原因、種類による細かな違いなどについて
治療方法と予防方法どんな治療法があるのか?普段の生活でできる予防法とは
闘病体験談実際に腸閉塞を体験した人による体験談を男女に分けて紹介
腸閉塞(イレウス)の予防を考えるサイト・HOME » 腸閉塞とは?徹底リサーチ » 便秘との関係性

便秘との関係性

このページでは、腸閉塞(イレウス)と便秘の違いを説明しています。

腸閉塞(イレウス)と便秘の違いとは?

トイレットペーパー便秘はご存知の通り、便が出にくい状態のこと。ストレスや緊張により腸が痙攣したり、食生活の偏りで起こる症状です。

通常の便秘は、腸の水分が少なくなることで便が硬くなり、腸内に便が停滞してしまう状態で、腸自体に大きな異常があるわけでは、ありません。

その点腸閉塞は、腸自体の問題によって、その一部が狭くなり、便が詰まっているという違いがあります。ただし腸閉塞が原因の場合、症状の進行が便秘の進行と重なるので、さほど急激な症状は起こりません。

糞便性イレウスに要注意

便秘がひどくなることで引き起こされる、糞便性イレウスという腸閉塞があるので、要注意です。

これは慢性的な便秘で便が硬くなり、腸内に溜まり続けることで発症する腸閉塞です。水分が吸収された、硬いコロコロの便が腸に停留することで、膨満感や腹痛などの症状があらわれるのです。

この腸閉塞がひどくなると、腸内細菌が増殖し、毒素を生み出すようになります。それらの毒素が血中に移行した場合、敗血症が引き起こされるので、大変危険。

「ひどい腹痛がある」、「吐き気を伴う(または吐いた)」、「胸のあたりまで苦しい」などの症状があれば、糞便性イレウスの疑いがあります。「便秘だから」と放置しておくと、重篤な状態になる可能性もあります。最悪の場合腸管が破裂することもあるそうですから、早急に病院で便を出してもらうなどの処置を受けましょう。