腸閉塞の症状や治療法などの情報まとめサイト
腸閉塞(イレウス)の原因、症状、そして予防策を調べています。正しい知識を持ち、病気と向き合っていきましょう。
腸閉塞予防におすすめの乳酸菌サプリ
腸閉塞の基礎知識症状や原因、種類による細かな違いなどについて
治療方法と予防方法どんな治療法があるのか?普段の生活でできる予防法とは
闘病体験談実際に腸閉塞を体験した人による体験談を男女に分けて紹介
腸閉塞(イレウス)の予防を考えるサイト・HOME » 腸閉塞予防に取り入れたい…乳酸菌を調査 » 腸内での働き

腸内での働き

整腸作用のある成分として筆頭に挙がるのが、乳酸菌。このページでは、その働きについてリサーチしています。

乳酸菌が腸に良い理由

乳酸菌は腸内を弱酸性の状態に保ち、悪玉菌の増殖を抑制。腸の働きを高めてくれます。

ほかに消化吸収を助ける整腸作用や、下痢や便秘の原因となる有害物質の抑制免疫力を高めるといった働きもあります。

乳酸菌が少なくなると、便秘、老化、風邪、肌荒れ、リウマチ、がんなどさまざまな悪影響が顕れます。

体内の乳酸菌は、赤ちゃんの時が最も多く、離乳期を過ぎるとゆるやかに減少。その後中年~老年期にかけ、減少の幅が大きくなるので、積極的に摂取する必要があります。

数百種類が存在しますが、私たちになじみのある乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれるビフィズス菌、ブルガ リア菌、カゼイ菌など。チーズや漬物、みそ、しょうゆなど身近な発酵食品のほとんどが、乳酸菌の力を利用して作られています。

腸の健康に欠かせない乳酸菌パワー

腸の中には、約500種類、100兆を超える細菌が共生しています。これらは腸内細菌と呼ばれ、働きや性質によっていくつかのグループに分かれています。

  • 善玉菌…免疫力を高める、感染を予防する、便秘を防ぐ、悪玉菌の増殖を防ぐなど、体に有用な働く菌の総称。乳酸菌(ブルガリア菌、ビフィズス菌、サーモフィルス菌)を指します。
  • 悪玉菌…腸内で有害物質を作り出す、便秘・下痢・肌荒れを引き起こす、生活習慣病を誘発させる、抵抗力を弱めるなど、人体に悪影響を及ぼす菌の総称。ウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌、緑膿菌などの腐敗菌群を指します。
  • 日和見菌…体調や腸内環境によって善玉菌にも悪玉菌にも傾きます。

腸内環境と健康は深く繋がっているので、積極的に善玉菌(乳酸菌)を増やす必要があります。

また腸は、人体最大の免疫器官でもあります。食事を通じて体内に運ばれる成分の有害無害を判断するという、重要な役割を担っているのです。そのため人体の免疫システムの70%が腸に集中していると言われています。

がん細胞など大病の萌芽も、腸内で見られることは数多いのですが、腸内が健康でさえあれば、免疫細胞による攻撃で増殖を食い止められます。

腸内環境を改善することで腸閉塞の予防につながる

腸閉塞の最大の原因は、腸内環境が悪化していることによる、腸の働きの低下です。

腸の働きが低下することで、便秘症が発生する他、動きが低下しているため、腸と腸の癒着が起こりやすくなり、結果として腸が折れ曲がったり、ねじれたりします。これにより詰まりが発生しやすくなり、腸閉塞が起こりやすくなります。

反対に、腸内環境が整い、腸の働きが高まれば、腸閉塞のリスクをかなり軽減することができるということ。腸閉塞の原因となる癒着と便秘症の両方を抑えることができることから、乳酸菌が重要視されているというわけです。

腸閉塞予防に効果が期待できる乳酸菌のサプリメント特集はこちら>>